治療の今

タブレット型の薬

矯正歯科の治療は日々研究がすすめられ進歩を遂げているようです。 最近では新しい矯正歯科の治療法としてデーモンシステムというのが注目を集めているようです。 デーモンシステムとはアメリカの矯正歯科医が開発したシステムでその人の名前をとって名づけられています。この医療システムでは歯に直接密着させる器具であるブラケットと最先端のハイテク技術で作り出された形状記憶合金で作られたハイテクワイヤーを用います。この治療ではブラケットにハイテクワイヤーを軽く接着させるだけで強くしばりつけないことが特徴です。それにより従来の矯正とは違った歯の移動をさせることが出来るようになりました。 その結果、痛みが少なく治療期間が短いというメリットが生まれました。患者にの評判は高く今後広がっていく治療法かもしれません。

矯正治療を始める前には治療中に起こり得るリスクについては確認しておき、担当する歯科医師の説明を受け納得したうえで治療をすることが望ましいでしょう。 まず矯正歯科治療を開始する前に虫歯や歯周病があればその治療が先に行われます。また歯や骨の状態や歯の動きを妨げるような癖などがあった場合は事前に提示された治療期間よりも長くなる場合があります。また治療した後に歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」が起きる可能性もあります。治療が終わっても担当医の指示は守るようにしましょう。また治療中に知覚過敏や歯髄炎が起きたりして痛みが出ることもあるので注意が必要です。矯正装置には金属を用いるので金属アレルギーがある場合は皮膚科などでアレルギー試験を行ってアレルギーが起きる金属材料を特定しておくといいでしょう。