インプラント治療

歯科医院の照明器具

まずはインプラントができる歯科を探しましょう。 普通の地元の歯科でできる場合もありますので、インプラントを扱っているかどうか確認をしてみましょう。 歯科医師の中でも日本口腔インプラント学会に入っている正会員歴5年以上で、インプラントの知識と技術を持ち、専門医試験に合格した専門医がいます。 また、正会員歴2年以上で、介助またはメンテナンスに携わり、インプラント専門歯科衛生士試験に合格した専門歯科衛生士もいます。 さらに、正会員歴2年以上でインプラント上部構造の技工に携わり、専門歯科技工士試験に合格した専門歯科技工士もいます。 通常の歯科における歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士とは別に専門の知識と技術が必要とされています。

一度失ってしまった永久歯は二度と生えてきません。そこで登場するのが、人工歯根を植え込み、その上に人工の歯を被せて自分の歯とするインプラントという治療方法があります。 この治療を事前に入念な検査を行い、実施できるかどうか確認する必要があります。 可能だと判断されれば、治療に入ることができます。 まずは人工歯根の挿入です。 局所麻酔を行うので、挿入中に痛みを感じることはありません。 人工歯根を挿入して、しばらく間をおき、落ち着いたらその上に人工の歯をかぶせることになります。 インプラントの治療終了後はそれで終わりではなく、より長持ちさせるために、自宅でのケアと定期的に歯科での検診が必要となります。 入れ歯と違い常に歯茎に密着しているので、慣れればもう自分の歯として違和感もなくなるでしょう。