使いやすい部分入れ歯

歯ブラシ

入れ歯とは、失われた歯を補うための、人工の歯です。特に、部分的に失われた歯を補うことのできる部分入れ歯には、高い需要があります。 部分入れ歯には、両隣の歯にフックを引っ掛けて固定するタイプのものと、シリコン製の歯茎がついていて、それを実際の歯茎と接着させるタイプのものとがあります。以前は、フックの場合は、それ自体が目立つというデメリット、シリコンの場合は、はずれやすいというデメリットがありました。しかし昨今では、透明のフックやはずれにくい接着剤が開発されました。それにより部分入れ歯のデメリットは少なくなり、非常に使いやすいものとなりました。 いずれの部分入れ歯も、歯科技工士が作っています。したがって歯科技工士のいる歯科を受診すれば、部分入れ歯をスピーディに作ってもらえます。そうではない歯科でも、外注という形で入れ歯治療をおこなっている場合が多いです。

部分入れ歯は、歯周病の患者からの需要が高いです。歯周病になると、歯周ポケットにより歯根が虫歯になりやすくなります。虫歯治療のために歯根を削ると、歯の安定性は下がります。さらに歯周病が進行すると、歯根を支えている骨が溶けていきます。すると、歯がぐらつくようになり、やがて抜けてしまいます。そして、抜けた歯を補うために部分入れ歯を使用することになるわけです。 抜けた歯は、インプラント治療によって補うこともできます。しかしインプラント治療は、顎の骨が頑丈でなければおこなうことができません。したがって顎の骨が薄かったりもろかったりする人の場合、部分入れ歯を選択することになります。 高齢者になると、歯周病のリスクや顎の骨がもろくなるリスクは高くなります。したがって部分入れ歯は、高齢者からの需要が特に高いと言えます。